情報アイテムについて(Ver6.70対応版)
 秀丸メールは基本的にはメールソフトですが、メールとは別に、何か自分自身のメモ的な内容を、あたかもメールの1つとして保存しておくことが出来ます。それを秀丸メールでは「情報アイテム」と呼んでいます。情報アイテムは、あたかも普通のメールのような物を、 ご自身の意志で、メールサーバーを経由することなく作成できる物です。特定のメールに対してコメント的に作成することも出来るし、独立したメールのような形で作成することも出来ます。
作成方法
 情報アイテムを作成するには、まずは情報アイテムを保存したい先のフォルダを選択して、そこで「新規メール」または「返信メール」を実行します。

 独立した形の情報アイテムを作成する時は「新規メール」とし、何らかのメールにコメント的な形で作成したい時は「返信メール」とします。

 そして、出てきたメールエディタ上のTo:ヘッダに、
@.item
 と入力します。そうするとメールエディタのウィンドウタイトルが「情報アイテム at xxxxx」のように変わります。

 あとは、Subject:ヘッダに適当なタイトルを入力して、メール本文の所に好きなこと書けばいいです。そして「ファイル・情報アイテムとして保存...」を実行すれば、保存されます。
 (「ファイル・草稿に保存」のコマンドが自動的に「情報アイテムとして保存」に変化します。)

 「返信メール」で作成した情報アイテムの場合は、スレッド表示にした時に返信元メールにスレッドがつながるようになります。


応用方法
 To:ヘッダに書く「@.item」の所の「@」より前には、実は好きな英数字を入れることが出来ます。例えば「memo@.item」とか、「important@.item」とか書くことが出来ます。 そういう風にして種類分けしておけば、あとで「検索・メールアドレス検索...」を使って特定種類の情報アイテムだけを検索することが出来て、便利です。



戻る