送信済みメールの再送信について(Ver6.70対応版)
 送信済みメールをもう一度送信したい場合は、送信済みメールを選択してダブルクリックするか、またはEnterキーを押して、まずはメールをエディタ・ウィンドウで開きます。そこで「ファイル・今すぐ送信」または「ファイル・あとで送信」を実行すれば、それで同じメールが再度送信される形になります。
 送信済みメールの内容を手直してしてから送信したい場合は、送信済みメールをエディタ・ウィンドウで開いた後に、「設定・編集を許可する」を実行して編集を許可します。そこで適当に内容を書き換えてから「ファイル・今すぐ送信」等とすればいいです。

 「設定・編集を許可する」をいちいち実行するのが面倒な場合は、「設定・全般的な設定...」の「メール表示・詳細(その他)」の中にある「メールをエディタで開いた時に編集を許可する:送信済みメール」のオプションをONにしておくと便利です。
 「エディタで開いて今すぐ送信」の2ステップの作業を1ステップだけで実行したい場合は、マクロを使う必要があります。

戻る