迷惑メールフィルターについて(Ver6.70対応版)
 秀丸メールは、標準で高機能な迷惑メールフィルターを持っています。
 迷惑メールフィルターとは、受信したメールの中から、通常のメールと迷惑メールとを区別する機能です。この機能を使用すれば、迷惑メールを受信と同時に、特定のフォルダに隔離してしまう事ができます。
迷惑メールフィルターを使用する
 秀丸メールの迷惑メールフィルターを使用するには、秀丸メールの「全般的な設定」の設定一覧内に有る「迷惑メール対策」を選択し、右側に表示された「迷惑メールフィルターを使う」のオプションにチェックしてOKボタンを押します。
 これで、迷惑メールフィルターを使用する設定になります。

 迷惑メールフィルターを使用した状態で、メールを受信すると×印の付いたアイコンが表示されたメールを見つけることが出来ると思います。 このメールが迷惑メールフィルターによって「迷惑メール」と判定されたメールです。


迷惑メールの振り分け設定
 秀丸メールが迷惑メールとして判定したメールには、メールヘッダーの部分に、迷惑メールという印をつけてあります。 この印を使って振り分け設定を行う事で、迷惑メールを通常のメールと違うところに隔離してしまう事が出来ます。

 迷惑メールを隔離するフォルダを新規に作成します。 ここでは、仮に「迷惑メール」と言う名前で作成したとします。
 次に迷惑メール用の振り分け設定を作成します。 振り分け設定は、メニューの「設定」−「アカウント毎の設定」を選択して、 アカウント毎の設定ダイアログの「設定の一覧」の「メールの振り分け」の「新規作成」ボタンを押して表示されたダイアログに次のように設定します。

 振り分け名:迷惑メール
 「X-TuruKame-Filter:」が「spam」「で始まる」

 → フォルダへ移動「迷惑メール」

 のように設定して、OKボタンを押してください。
 これで、次回より受信時に迷惑メールと判定されたメールは、全て「迷惑メール」と言うフォルダに隔離されるようになります。


迷惑メールフィルターの詳細
 秀丸メールが持っている迷惑メールフィルターは、デフォルトの設定のままでも、ある程度の判定率を持っていますが、詳細な設定を行う事で、更に高確率で迷惑メールを判定する事が出来るようになります。
 迷惑メールフィルターの詳細な設定については、「全般的な設定」の「迷惑メール対策」の所にある「迷惑メールフィルターのヘルプ」と言うボタンを押す事で、ヘルプが表示されますので、そちらを参照してください。


 全般的な設定・迷惑メール対策

戻る