テンプレートの文法(Ver6.70対応版)
 テンプレートの文法解説

 テンプレートの仕組み(tkinfo.dllとの関係)
命令一覧

特殊な物(文字列を返さない物)
$c、 $(CursorRight,数値)  タブキーで本文にカーソル移動した場合のカーソル位置を指定します。
$(SetHeader, ヘッダ名, 内容)
$(AddHeader, ...)

$(SetOrDeleteHeader, ヘッダ名, 内容)
$(AddHeaderIf, ...)

$(SetHeaderUnited, ヘッダ名, 内容)
 ヘッダ部分の書き換え
$(DeleteHeader, ヘッダ名)  ヘッダの削除
$(SetHighPriority,1/0)  「優先度:高」のON/OFF
$(SetRequestNotification,1/0)  「開封通知を要求する」のON/OFF
$(AdrBook)  アドレス帳の呼び出し
$(AdrBook,グループ名)  グループ指定でアドレス帳を呼び出す
$(ExecMacro,マクロ名)  マクロ実行の指示
$(SyncOrikaeshi)  自動折り返しのモードを返信元/転送元に合わせる
$(SwitchOrikaeshi)  自動折り返しのモード切り替え(主に自動折り返しをOFFにする用)
$(SetTargetDraftFolder,フォルダ名)  草稿フォルダに保存する時用のフォルダ名指定
$(SetSentFolder)  送信済みメールの保存先フォルダの指定
$(SetEditorAccount,アカウント名)
$(SetEditorAccount2,アカウント名)
 アカウントの変更
$-  直後の改行の除去
$z
$(DontOrikaeshi, 文字列)
 現在行の折り返し禁止指定
$i  署名の挿入位置の指定
$//
$/* 〜 */
 コメント
$(NoRootFlagUpdate)  返信元/転送元メールのフラグを書き換えない
$(AddRootAttach)  返信元メールの添付ファイルを付ける


普通の物(文字列を返す物)
$(CurrentHeader,ヘッダ名)  現在メールのヘッダの取り出し
$(CurrentHeaderUnited,ヘッダ名)  現在メールのヘッダの取り出し(To:/Cc:/Bcc:用)
$(CurrentDate,日時形式)  現在の日時の取り出し
$(RootHeader,ヘッダ名)  返信元/転送元メールのヘッダの取り出し
$(RootHeaderUnited,ヘッダ名)  返信元/転送元メールのヘッダの取り出し(To:/Cc:/Bcc用)
$(RootReply)  返信元/転送元メールの返信先の取り出し
$(SmallRootHeader)
$(AllRootHeader)
$(OrikaeshiSmallRootHeder
$(OrikaeshiAllRootHeader
 返信元/転送元メールのヘッダ(簡略表示または全体表示)
$(RootBody)  返信元/転送元メールの本文(折り返し禁止)
$(OrikaeshiRootBody)  返信元/転送元メールの本文(折り返しあり)
$(QuotedRootBody)  返信元/転送元メールの本文を引用記号付きにした物
$(SelectedRootText)
$(SelectedRootText2)
 返信元/転送元メールの本文の、選択された部分
$(QuotedSelectedRootText)
$(QuotedSelectedRootText2)
 返信元/転送元メールの本文の、選択された部分を引用した物
$(QuotedRootBody_SyncOrikaeshi)
$(QuotedSelectedRootText_SyncOrikaeshi)
$(QuotedSelectedRootText2_SyncOrikaeshi)
 返信元/転送元メール本文の引用、返信元メールの「自動折り返し」の設定に連動するタイプ
$(QuotedRootBody_NoOrikaeshi)
$(QuotedSelectedRootText_NoOrikaeshi)
$(QuotedSelectedRootText2_NoOrikaeshi)
 返信元/転送元メール本文の引用、「自動折り返し」無しタイプ
$(Quote, 文字列)
$(Quote2, 文字列, 引用記号)
$(QuoteOE, 文字列)
$(QuoteWidth, 文字列, 幅)
 その他いろいろ引用命令
$(RootTransmitDate) または
$(RootTransmitDate,日時形式)
 返信元/転送元メールの送受信日時
$(SetEmailOnly,文字列)  名前+Email形式からEmailのみへの変換
$(SetNameOnly,文字列)  名前+Email形式から名前のみへの変換
$(UnDoubleQuote,文字列)  名前部分の「""」の除去
$(AddSama,文字列)  名前に「様」を付ける
$(FormatDate,文字列,日時形式)  「Date:」ヘッダ中の日時を特定形式に変換
$(ShiftDate,文字列,計算式)  日時の計算
$(XMailer)  秀丸メール標準の「X-Mailer:」ヘッダの内容
$(FindBook2,メールアドレス)
$(FindBook3,名前+メールアドレス)
 アドレス帳を使った名前の変換
$(FindBookNote,メールアドレス)
FindBookNote2 〜 FindBookNote8
FindBookGroup
 アドレス帳からメールアドレスを検索して各種情報を取得
$(CurrentAccount)  現在アカウント名の取り出し
$(CallByEmailList,関数名,メールアドレス文字列)  複数メールアドレスについての処理を一括でする
$(SetInfoItemFolder,アカウント名,フォルダ名,数値)  情報アイテムの保存先フォルダの指定
警告メッセージの制御  


条件式
$(IfEqual,文字列1,文字列2,then文字列,else文字列)  文字列が等しいかどうかの判定結果で条件分岐
$(IfInclude,被検索文字列,検索文字列,then文字列,else文字列)  被検索文字列の中に検索文字列を含むかどうかで条件分岐


HTMLメール用(HTMLメール編集アドインがインストールされてる環境専用)
$(HtmlEdit)  HTMLメール編集モードにする
$(RootHtml)  返信元/転送元メール本文のHTML形式版
$(QuotedRootHtml)  返信元/転送元メール本文のHTML形式版を引用付きにした物
$(QuoteHtml,文字列)  HTMLタグ形式の文字列を引用記号付きにする
$(PlainTextToHtml,文字列)  普通の文字列をHTMLタグ入り文字列に変換する
$(RootCharSet)  返信元メールの文字コード文字列



戻る