アイコンの種類(Ver6.70対応版)
 秀丸メールでは、フォルダ枠や「メール一覧」枠、アドレス帳など、いろいろな場所でいろいろなアイコンを使っています。このうち、「メール一覧」枠で表示されるアイコンについて説明します。

 アイコンの種類は、メールのフラグによって決まります。

補足:
  • アイコンの表示可能な数は限られていて、普通は2つか3つ程度しか同時に表示出来ません。なので、例えば「添付ファイル付き」と「HTMLメール」と「マーク」と「優先度:高」とか、本来アイコンが4つ以上表示されないといけないケースでも、3つ以下しか出てこないことが多いです。その辺ご了承ください。
  • 「全般的な設定・基本」の「アイコンモジュールを使ってデザインを変える」をONにしている場合、ここのヘルプとはアイコンのデザインが変わってきます。どのアイコンがどういう意味なのかは「編集・メールのプロパティ」からメールのフラグ類を確認して、それで想像していただくしか無いです。
 普通の受信したメールです。受信したメールは原則としてこのような手紙のアイコンで表示されます。
 未読のメールです。未読のメールは原則として「灰色の手紙」で表示されます。
 「新着メール」です。具体的には、秀丸メールを起動した後に受信したメールです。秀丸メールを終了して起動しなおすと、普通の白いアイコンに戻ります。
 未読のメールの場合は「灰色の手紙」で表示されます。
受信したメールで、Cc:ヘッダまたはBcc:ヘッダに自分自身のメールアドレスが含まれているメールです。ここでいう自分自身のメールアドレスとは、アカウント毎の設定での自分自身のメールアドレスおよび自分用メールアドレスの別名が使われます。
「全般的な設定・メール一覧・詳細」の「Ccアイコンとして表示するメールの指定」が、「メールの宛先が複数宛先の場合全般」の場合:
 全般的な設定を上記のように変更した場合には、このアイコンの意味が「複数宛先」という意味に変わります。 メールの宛先が複数の場合にこのアイコンとなります。例えばTo:ヘッダにコンマ区切りで複数メールアドレスが入っていたり、Cc:ヘッダやBcc:ヘッダで追加のメールアドレスが指定されている場合に複数宛先のメール扱いとなり、ccアイコンとなります。
 「全般的な設定・メール一覧・詳細」の設定ページは、「上級者向け設定」をONにすると出てきます。

 この「CC」のマークは、さきほどの「未読」、「新着メール」と組み合わされます。
 このメールに返信したり、転送したりすると、「返信した」または「転送した」のマークが付き、代わりに「CC」のマークは消えてしまいます。
 受信したメールで、返信済みのメールです。受信したメールを選択して「返信メール」を実行し、メールエディタ・ウィンドウ上で「あとで送信」、「今すぐ送信」、「草稿に保存」のいずれかを実行すると、返信元メールのアイコンがこれに変わります。
「返信メール」コマンドで作成したメールを「あとで送信」した後で送信せずに削除してしまった場合でも、アイコン自体は「返信済み」のままになってしまいます。 強制的にアイコンを元に戻したい場合には、メール一覧の所で「メールのプロパティ」コマンドを実行してください。「返信済み」のチェックをOFFにすることによって元に戻ります。
 受信したメールで、転送済みのメールです。受信したメールを選択して「転送メール」を実行し、メールエディタ・ウィンドウ上で「あとで送信」、「今すぐ送信」、「草稿に保存」のいずれかを実行すると、転送元メールのアイコンがこれに変わります。
 迷惑メールフィルターによって迷惑メール扱いになったメールです。X-TuruKame-Filter:ヘッダの内容が"spam"で始まるメールはこのアイコンで表示されます。
 未送信のメールです。「草稿に保存」を実行した場合にもこのアイコンになります。
 送信済みのメールです。
 未送信のメールで、Cc:ヘッダまたはBcc:ヘッダ中に自分自身のメールアドレスが含まれているメールです。(V3.07からそういう意味に変わりました)
 送信済みのメールで、Cc:ヘッダまたはBcc:ヘッダ中に自分自身のメールアドレスが含まれているメールです。(V3.07からそういう意味に変わりました)
 マークしたメールです。メール用のアイコンとは別に表示されます。
 「優先度:高」のメールです。具体的には、メールのヘッダ部分に「Priority:1」の行があるメールです。メール用のアイコンとは別に表示されます。
 メモ付きのメールです。メモは、「編集・メールのプロパティ...」コマンドを実行して、そこで付けたり取ったりすることが出来ます。メモの内容は、メールの中にX-Memo:ヘッダとして保存されます。メモの内容(X-Memo:ヘッダ)は送信されません。
 改変された受信メールです。受信したメールをメールエディタで開き、「設定・編集を許可する」を実行してから「ファイル・保存」を実行すると、メールにこのアイコンが付きます。メール用のアイコンとは別に表示されます。
 添付ファイル付きのメールです。メール用のアイコンとは別に表示されます。
 HTMLメール付きのメールです。メール用のアイコンとは別に表示されます。
 このアイコンが付いている場合には、添付ファイルの一覧の中に「HTMLメール」というアイコンが表示されます。それをダブルクリックするとHTMLメールの内容がインターネット閲覧ソフトにて表示されます。

戻る