TransmitError関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 TransmitError関数は、直前の送受信系コマンドでエラーが起きたかどうかを返します。エラーは大抵送受信の途中の段階で起きるので、エラーの場合でも何通かのメールが受信または送信されていることがあります。
 エディタ・ウィンドウ上で、マクロを使って「今すぐ送信」を実行させた場合には、その「今すぐ送信」についてのエラーを返します。
返り値(数値型)
 何らかのエラーが起きた場合は1、そうでない場合は0を返します。


#n = dllfunc("TransmitError");

戻る