TransmitCustom/StartTransmitCustom関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 これらの関数は、アカウントを指定して送受信します。TransmitCustom関数は送受信が終わるまで待機しますが、StartTransmitCustom関数は送受信の開始を指示してすぐに関数から復帰します。
 アカウントは複数指定でき、しかも、アカウント毎に「送信のみ/受信のみ/送受信/リモートメールの一覧取得」が指定できます。
パラメータ1(文字列型)
 アカウント名と送受信種別をコロンで区切って指定し、それのセットが複数ある場合はコンマで区切って指定します。「アカウント名1:送受信種別1,アカウント名2:送受信種別2,...」のような形式となります。
 送受信種別には、
"S" 送信のみ
"R" 受信のみ
"B" 送受信
"L" リモートメールの一覧取得
 が指定できます。

 コロンやコンマの前後には空白やタブなどを入れないでください。


返り値(数値型)
 TransmitCustomについては、送受信が開始された場合(途中でキャンセルされた場合も含む)に1を返し、そうでない場合は0を返します。
 StartTransmitCustomについては、返り値に意味はありません。

 アカウント名と送受信種別の文字列にエラーがあっても、エラー部分が無視されるだけで、エラーの無かった部分についての送受信処理が普通に行われます。


#n = dllfunc("TransmitCustom", "アカウント1:R,アカウント2:S");

戻る