TransmitAll, Receive, SendRemain, ReceiveAll, SendRemainAll関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 TransmitAll関数は、「すべて送受信」のコマンドを実行します。「すべて送受信」が完了するまでマクロはそのまま待機状態になります。
 これらの関数は秀丸メール本体側でしか実行できません。
 同様に、
Receive 受信
SendRemain 未送信メールの送信
ReceiveAll すべて受信
SendRemainAll すべて送信
 となっています。
 これらの関数を呼ぶ前に、なるべくIsTransmitting関数を使って送受信可能な状態かどうか調べるのがおすすめです。

 送受信の結果については、RecvMailCountSentMailCountTransmitCanceledTransmitErrorを使って得てください。

 これらの関数は、マクロを待機させながら送受信するので、送受信の最中には他のマクロが実行できません。単純に送受信が起動すればいい場合には、こちらの関数じゃなくて、StartTransmitAll等のStartXXXX系関数を使ってください。
返り値(数値型)
 送受信できない状態であった場合(既に送受信中であるか、または「全般的な設定」等を実行中の場合)には0、送受信できる状態だった場合には1を返します。ただし、1が返った場合でも、例えばダイヤルアップの段階でキャンセルした場合ということもありえます。


#n = dllfunc("TransmitAll");

戻る