Sync, SyncGrep, BackSync関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 Sync関数は、現在メールエディタ・ウィンドウが開いているメールを秀丸メール本体側で選択した状態にします。
 BackSync関数は、逆に秀丸メール本体ウィンドウで現在選択しているメールを、現在のメールエディタで表示させます。
 SyncGrep関数は、現在メールエディタ・ウィンドウが開いているメールを検索結果の一覧上で選択した状態にします。
 これらの関数は、メールエディタ・ウィンドウ上でのみ実行できます。
 BackSync関数は、メールエディタが編集中の場合(新規メールの作成中などの場合)にエラーになります。

 SyncGrep関数を実行した後にマクロがどのウィンドウで続行されにかについては保証できません。もしかしたら検索結果のウィンドウ上のエディタ部分で続行されるかもしれません。(将来そういう仕様になるかもしれません)
返り値(数値型)
 成功すると1、失敗すると0を返します。失敗する場合には、「現在のメールと一覧中のメールとの対応関係が分かりませんでした。」のようなメッセージが出てから復帰します。


#n = dllfunc( "Sync" );
#n = dllfunc( "BackSync" );
#n = dllfunc( "SyncGrep" );
補足
 Sync関数は、メールエディタ上で「このメールを秀丸メール本体側で選択する」コマンドを実行した場合と違い、秀丸メール本体ウィンドウをアクティブにすることなく終了します。必要に応じてSetMainWndTop関数を呼ぶなどしてください。
 SyncGrep関数は、エディタ上での「このメールを検索結果の一覧上で選択する」とまったく同じ動きをします。



戻る