SmallRootHeader、SmallRootHeader2、AllRootHeader、QuotedSmallRootHeader、QuotedAllRootHeader, OrikaeshiXXXXRootHeader関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 SmallRootHeader関数は、元メールのヘッダ部分を「簡略表示」に変換して返します。AllRootHeaderは、元メールのヘッダ部分をそのまま返します。

 SmallRootHeader関数は、折り返し禁止にした形の文字列を返しつつも、実は自動折り返しの整形をした形の文字列を返します。SmallRootHeader2関数は一切の整形をしない文字列を返します。

 QuotedXXXX系は、XXXX関数の返す値を引用付きにして返します。

 OrikaeshiSmallRootHeader、OrikaeshiAllRootHeaderは、折り返し禁止でない形で文字列をメールに挿入します。

 ヘッダ部分文字列の最後は改行が除去されています。

 これらの関数の返す値はエディタのマクロで扱える文字列変数の長さの制限を越えることがあります。その場合は先頭部分だけが変数に代入される形になります。

 この関数は返信メールまたは転送メールコマンドで表示されたエディタ・ウィンドウの中でのみ有効です。ただし、草稿フォルダや送信済みフォルダに保存されたメールをもう一度エディタで開いた場合には正しく動作しません。
返り値(文字列型)
 ヘッダ部分文字列です。


$s = dllfuncstr("SmallRootHeader");
$s = dllfuncstr("SmallRootHeader2");
$s = dllfuncstr("AllRootHeader");
$s = dllfuncstr("QuotedSmallRootHeader");
$s = dllfuncstr("QuotedAllRootHeader");
$s = dllfuncstr("OrikaeshiSmallRootHeader");
$s = dllfuncstr("OrikaeshiAllRootHeader");
参照:
CustomSmallHeader関数HeaderOrikaeshi関数
SmallCurrentHeader関数など
CustomRootHeader関数など

戻る