SmallCurrentHeader、AllCurrentHeader関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 SmallCurrentHeader関数は、現在のメールのヘッダ部分を「簡略表示」に変換して返します。AllCurrentHeaderは、現在のメールのヘッダ部分をそのまま返します。

 これらの関数の返す値はエディタのマクロで扱える文字列変数の長さの制限を越えることがあります。その場合は先頭部分だけが変数に代入される形になります。

返り値(文字列型)
 ヘッダ部分文字列です。


$s = dllfuncstr("SmallCurrentHeader");
$s = dllfuncstr("AllCurrentHeader");
参照:
CustomSmallHeader関数HeaderOrikaeshi関数
SmallRootHeader関数など

戻る