SetThreadView関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、現在のメール一覧枠のスレッド表示か一覧表示かを切り替えます。V4.82から、From/To列によるグループ化などのモードも指定できます。
パラメータ1
 スレッド表示にしたい場合は1、一覧表示にしたい場合は0を指定します。
 From/To列によるグループ化の場合は2、送受信日付によるグループ化の場合は3、Date:ヘッダの日付によるグループ化の場合は4、Subjectによるグループ化の場合は5を指定します。


返り値(数値型)
 選択に成功した場合は1、失敗した場合は0を返します。


#n = dllfunc("SetThreadView", 1);

戻る