SetHeaderForMultiSelect関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 SetHeaderForMultiSelect関数は、今現在選択しているメールのヘッダを書き換えます。複数選択している場合は選択された複数のメールすべてのヘッダを書き換えます。この関数を実行すると、書き換えた内容は即座に保存されます。

 この関数は秀丸メール本体上でもメールエディタ上でも実行できますが、未送信のメールに対して使う用ではなく、受信したメールのヘッダを書き換える用の関数です。
パラメータ1(文字列型)
 書き換えたいヘッダ名を指定します。たとえばメモを書き換えたい場合は"X-Memo:"を指定します。


パラメータ2(文字列型)
 書き込みたい内容(ヘッダの内容)を指定します。この関数はSetHeader関数と違い、ここのパラメータ2に""を指定すると、ヘッダ自体を削除します。
 パラメータ2に日本語文字列を指定すると、対象のメールの文字コードに関係なくあくまで日本語でヘッダが書き換えられます。なので、たとえば欧文メールのSubject:ヘッダに日本語を書き込んだりすると文字化けしてしまうし、欧文メールのSubject:ヘッダに欧文を書き込むことも出来ません。


返り値(数値型)
 ヘッダの書き換えに成功すると1、失敗すると0を返します。


#n = dllfunc("SetHeaderForMultiSelect", "X-Memo:", "メモメモ");

戻る