SetHtmlMailAutoInlineView関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 SetHtmlMailAutoInlineView関数は、HTMLメールViewer for 秀丸メールがインストールされた環境で、HTMLメールの自動インライン表示を有効にするかどうかを指定します。
 HTMLメールViewerがインストールされた環境では、普通は対象となるメールを選択した時にHTMLメールViewerが自動でインラインします。しかし、マクロ実行中に限っては、互換性を確保するために、標準の動作としては自動インライン表示が抑止されます。この関数を使ってインライン表示をONにすると、マクロ実行中でもかまわずに自動インライン表示するように出来ます。
パラメータ1(数値型)
 1を指定すると自動インライン表示するようになり、0を指定すると自動インライン表示しなくなります。マクロを終了すると状態がリセットされます。


返り値(数値型)
 返り値には意味がありません。


#n = dllfunc("SetHtmlMailAutoInlineView", 1);
#n = dllfunc("NextMail");

戻る