SetFoundHilight関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 SetFoundHilight関数は、検索を実行した後での検索文字列の強調(またはメール一覧上での検索でヒットしたメールの強調)をON/OFF切り替えします。この関数は検索結果の一覧上でも実行可能です。
パラメータ1(数値型)
 0を指定すると検索文字列の強調をOFFにします。
 1を指定すると、メール内容枠上でのみ強調するようにします。
 2を指定すると、メール一覧枠とメール内容枠上の両方で強調するようにします。
 秀丸メール本体ウィンドウ上で実行する場合で、パラメータ1に数値の1を指定した場合、その後のユーザーさんの操作で他のメールを選択すると、強調は解除されます。検索結果のウィンドウ上で数値の1を指定した場合はそうならず、他のメールを選択しても、検索文字列の強調はずっと継続されます。

 検索フォルダを選択してる状態で実行した場合は秀丸メール本体ウィンドウ上で実行したのと同じ扱いになります。


返り値(数値型)
 成功した場合は1を返します。失敗した場合は0を返します。
 検索コマンドを何も実行してないのにSetFoundHilight関数呼び出しすると、何も強調はされませんが、関数の返り値は1になります。
 エディタ・ウィンドウ上で呼び出すとエラー扱いになって0が返ります。


#n = dllfunc("SetFoundHilight", 0);

戻る