SetEditorAccount2関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、現在編集中のメールの「From:」部分を他のアカウントのFrom部分相当に切り換えます。さらに、パラメータの指定により、このメールが所属するアカウントも変更します。

 この関数は、「From:」ばかりでなく、必要に応じて「Reply-To:」ヘッダや「Bcc:」ヘッダの値も書き換えることがあります。また、アカウント毎の設定(あるいはフォルダ毎の設定)によって本文に付加された署名がある場合は、 その署名についても切り換えることができます。

 この関数が行うことは、メールの「From:」ヘッダ部分でAlt+↓キーによる入力補助メニューから行うアクションと同じです。
パラメータ1(文字列型)
 アカウント名を指定します。アカウント名は、別途Account関数などで取得してください。


パラメータ2(数値型)
 メールのヘッダ部分のみを書き換えたい場合は1、アカウント自体も変更したい場合は0を指定してください。

 メールが既に保存されている場合には、パラメータ2に0を指定しないでください。0を指定してもアカウントの変更はできません。ただし、その場合でもヘッダ部分の書き換えは実行され、返り値も0以外(正常終了)となります。


返り値(数値型)
 書き換えに成功すると0以外を返します。失敗するとエラーメッセージを表示すること無く0を返すのみです。


#n = dllfunc( "SetEditorAccount2", "斉藤秀夫", 0);
備考
 この関数の行う動作は入力補助メニューによる操作と同じなので、この関数を呼び出すことによって「署名も切り換えますか?」等の問い合わせメッセージが表示される場合があります。



戻る