SetEditorAccount関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、現在のエディタが内部的に保持しているアカウントの情報を書き換えます。この関数で書き換えることができるのは、「新規メール」、「返信メール」、「転送メール」などで起動したエディタ上で、まだメールを保存する前の段階であることが必要です。 既にメールを草稿フォルダなどに保存した場合や、送信済みメールを開いている場合にはアカウントの変更はできません。

 アカウントを変更すると、メールを保存または送信する時に、指定されたアカウント配下に保存されたり、そのアカウント配下のメールとして送信されたりします。

 この関数で切り替えできるのはエディタ内部で保持しているアカウントの情報のみであり、メール中の「From:」部分などは書き換えません。 その部分を書き換えたい場合はSetEditorAccount2を使ってください。
パラメータ1(文字列型)
 アカウント名を指定します。アカウント名は、別途Account関数などで取得してください。


返り値(数値型)
 書き換えに成功すると0以外を返します。失敗するとエラーメッセージを表示すること無く0を返すのみです。


#n = dllfunc( "SetEditorAccount", "斉藤秀夫");

戻る