SetCancel/GetCancel関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 SetCancel関数は、「マクロ・マクロ登録・自動起動」の
あとで送信/今すぐ送信時
秀丸メール終了時
送受信の開始直前
 で登録されたマクロが自動実行された時に、そのマクロから、「あとで送信/今すぐ送信」等のコマンド動作をキャンセルさせたり、またはキャンセルを取り消したりします。
 SetCancel関数を呼ばない場合、コマンドは通常通り実行されます。

 GetCancel関数は、SetCancelで設定された値を取り出します。パラメータはありません。
返り値(数値型)
 SetCancel関数の返り値に意味はありません。
 GetCancel関数の返り値は、SetCancel関数が呼ばれていればその時指定された値、そうでなければ0が返ります。


パラメータ1(SetCancel関数、数値型)
 1を渡すとキャンセルする、0を渡すとキャンセルしないという意味になります。2以上の値を指定してもキャンセルする扱いになりますが、普通はキャンセルする意味として1を指定してください。
 「送受信の開始直前」に登録された自動起動マクロの場合で、そのマクロが定期受信のタイミングで呼び出された場合、SetCancelで1を指定すると、タスクバー・トレイのアイコンが、いわゆるオフラインのアイコン(定期受信が出来なかったことを表すアイコン)になります。これを防ぐ(アイコンを変化させないようにする)には、SetCancelのパラメータ1に数値の2を指定してください。


#n = dllfunc("SetCancel", 1);

戻る