SendNow関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 SendNow関数は、エディタ上で「今すぐ送信」のコマンドを実行し、終了するまでマクロを待機させます。
 送信の結果については、SentMailCountTransmitCanceledTransmitErrorを使って得てください。
 普通、「今すぐ送信」が終了するとエディタも終了しますが、SendNow関数で送信した場合、エディタは終了せずにマクロの処理も続行されます。このままエディタを放置してマクロだけ終了してしまうともう一度同じメールを「今すぐ送信」などできてしまうので、 exit関数やclosehidemaruforced等を使ってエディタを終了させてください。

 この関数でメールを送信した場合、マクロ登録の所で登録されている「あとで送信/今すぐ送信時」のマクロは自動実行されません。そこに登録されているマクロを実行したい場合には、別途、SetCancel/GetCancel/SendMacro関数を使って例のように処理してください。
返り値(数値型)
 成功したら0以外、失敗したら0を返します。成功と返った場合でも、場合によっては未送信フォルダに保存されただけの場合もあります。(他のウィンドウが送受信中で、待機中に「あとで送信」のボタンを押した場合)


loaddll "tkinfo.dll";
$macro = dllfuncstr("SendMacro");
if( $macro != "" ) {
    #n = dllfunc("SetCancel", 0);
    execmacro $macro;
    #n = dllfunc("GetCancel");
    if( #n != 0 ) {
        endmacro;
    }
}
#n = dllfunc("SendNow");
if( #n != 0 ) {
    exit;
}

戻る