SelectRecvMailInFolder関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、現在選択しているフォルダ中で、直前の受信動作によって受信したメールを1つ選択します。選択したメールは、「新着メール」のフラグがOFFになり、また、RecvMailCountInFolderの返す値も減っていきます。
 「新着メール」のフラグがOFFになるのは、秀丸メール内部で「SelectRecvMail済みかどうか」を判定するのに仕方のない処置です。

 この関数で選択できるのは、あくまで「直前の受信動作で受信したメール」だけであって、直前よりもっと前に受信したメールは選択できません。具体的には、メールの送受信日時が直前の受信動作の開始時刻よりも後のメールしか選択されません。
返り値(数値型)
 選択に成功した場合は1、失敗した場合は0を返します。


if( dllfunc( "SelectRecvMailInFolder" ) ) {
    message str(#n) + "受信したメールを選択しました。";
}

戻る