RootFolder, RootFolder2関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 RootFolder関数は、返信元メールまたは転送元メールの保存されているフォルダ名を返します。

 この関数は返信メールまたは転送メールコマンドで表示されたエディタ・ウィンドウの中でのみ有効です。ただし、草稿フォルダや送信済みフォルダに保存されたメールをもう一度エディタで開いた場合には正しく動作しません。

 RootFolder関数は、「返信メール」または「転送メール」コマンドでエディタを起動した場合にしか使えません。

 RootFolder2関数は、「返信メール」または「転送メール」コマンドでエディタを起動した場合には、RootFolder関数と同じく、返信元メールまたは転送元メールの保存されているフォルダ名を返し、「新規メール」で起動したエディタ上では、 エディタ起動時に選択されていたフォルダを返します。「新規メール」を実行した時に特定のフォルダを選択してなかった場合(例えばアカウントを選択してた場合)や、 選択してたフォルダがテンプレート類を指定できないフォルダ(例えば未送信フォルダ等)だった場合は、""を返します。
返り値(文字列型)
 返信元メールまたは転送元メールの保存されているフォルダ名です。


$s = dllfuncstr("RootFolder");
$s = dllfuncstr("RootFolder2");

戻る