RootBodyLine関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、返信元メールまたは転送元メールの本文の1行を返します。ここで言う1行とは、改行文字までの1行であり、自動折り返しで折り返された1行ではありません。

 この関数は返信メールまたは転送メールコマンドで表示されたエディタ・ウィンドウの中でのみ有効です。ただし、草稿フォルダや送信済みフォルダに保存されたメールをもう一度エディタで開いた場合には正しく動作しません。
パラメータ1
 取得したい行の番号です。先頭行が0です。


返り値(文字列型)
 指定された行の内容です。


例(返信元メールの本文をクリップボードに入れる場合)
loaddll "TKInfo.dll";
setclipboard "";
#LineCount = dllfunc( "RootBodyLineCount" );
#i = 0;
while( #i < #LineCount ) {
    addclipboard dllfuncstr( "RootBodyLine", #i );
    #i = #i + 1;
}

戻る