RemoteMailHotCount, RemoteMailHotCount2関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 RemoteMailHotCount関数は、定期受信でリモートメール一覧取得を指定している時に、直前の定期受信で認識した新着メールの数を返します。
 RemoteMailHotCount2関数は、定期受信でリモートメール一覧取得を指定している時に、認識した新着リモートメールの累計を返します。この累計の値は、秀丸メール本体のリモートメール一覧を一通り表示した後の初回の送受信系コマンド実行時にリセットされます。
 例:
時間経過↓ RemoteMailHotCountの値 RemoteMailHotCount2の値
常駐秀丸メールを起動して定期受信開始 0 0
定期受信でリモートメールを1通認識 1 1
定期受信でリモートメールを1通認識 1 2
秀丸メール本体ウィンドウを表に出して
リモートメール一覧を表示した直後
1 2
定期受信でリモートメールを0通認識 0 0
返り値(数値型)
 RemoteMailHotCount関数の返り値は、直前のリモートメール一覧取得で認識した新着メールの数です。
 RemoteMailHotCount2関数の返り値は、リモートメール一覧取得で認識した新着メールの累計の数です。


#n = dllfunc( "RemoteMailHotCount" );
message str(#n) + "通のメールが届いています。"

戻る