RemakeList関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、パラメータで指定されたフォルダ用のメール一覧を作成し直します。何らかの理由でメール用のファイルを直接編集して保存した場合に使います。

 メール用のファイルを秀丸メール以外のソフトで編集した場合(しかも、秀丸メール起動中の場合)には、この関数でメール一覧の作成し直しを指示するか、または秀丸メールを再起動させる等してください。 そうしなければ秀丸メール側でエラーが発生します(エラーが起きても自動的に修復するようにはなっていますが)。

 この関数は秀丸メール本体側でのみ実行可能です。

 この関数を使う/使わないに限らず、メール用のファイルを変更した場合にはそのフォルダ内のメールを開いているエディタを速やかに終了させてください。そうしないと矛盾が起きる場合があります。
パラメータ1(文字列型)
 対象のメール用のフォルダを含むアカウント名です。""を指定すると現在選択しているアカウントになります。


パラメータ2(文字列型)
 対象のメール用のフォルダ名です。例えば受信フォルダの場合は「受信」です。ユーザーが作成したフォルダの場合は、例えば「受信\テスト」のように指定します。マクロの中で固定の文字列で指定する場合は、"受信\\テスト"のように指定します。
 パラメータ1とパラメータ2の両方に""を指定すると、現在選択しているフォルダという意味になります。


返り値(数値型)
 選択に成功すると1、失敗すると0を返します。


#n = dllfunc( "RemakeList", "テストアカウント", "受信" );

戻る