RefreshMailList関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、「メール一覧の作成し直し」を実行します。パラメータの指定によって、作成し直しのやり方が指定できます。
 この関数は秀丸メール本体ウィンドウ上でのみ実行できます。また、対象となるのは現在選択しているフォルダのみです。
 外部のソフトを使ってメール用のファイルを直接変更した場合には、この関数を使ってメール一覧の作成し直しするか、または秀丸メールを起動しなおすことが必要です。
パラメータ1(数値型)
 0を指定すると、タイムスタンプが書き変わったファイルについてのみ、メール一覧の作成しなおしをします。1を指定すると、すべてのファイルについて完全にメール一覧を作成し直します。
 普通は0を指定した方が速くて便利ですが、心配な場合や時間がかかってもかまわない場合は1を指定してください。
 パラメータ1を省略すると0を指定したのと同じ扱いになります。


返り値(数値型)
 返り値に意味はありません。


#n = dllfunc( "RefreshMailList");

戻る