QuotedRootBody関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、返信元メールまたは転送元メールの本文を引用記号付きに変換して返します。ただし、エディタのマクロで扱える文字列の長さには制限があるため、実際には本文の先頭部分しか変数に代入されないことが多いです。

 このQuotedRootBody関数は、テンプレート用に用意した物です。

 この関数は返信メールまたは転送メールコマンドで表示されたエディタ・ウィンドウの中でのみ有効です。ただし、草稿フォルダや送信済みフォルダに保存されたメールをもう一度エディタで開いた場合には正しく動作しません返り値(文字列型)
返り値(文字列型)
 返信元メールまたは転送元メールの本文の内容を引用記号付きに変換した文字列です。


参照
 QuotedRootBody_SyncOrikaeshiなど
 QuotedRootBody_NoOrikaeshiなど


$s = dllfuncstr("QuotedRootBody");

戻る