NoRootFlagUpdate関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数を「返信メール」や「転送メール」のエディタ・ウィンドウ上で呼び出すと、そのメールを保存したり送信したりした時に、返信元メール/転送元メールの「返信済み/転送済み/」のフラグをONにしなくなります。
 パラメータを省略して呼び出すか、またはパラメータに数値の0または文字列の"0"を指定するとその動作となります。
 パラメータに数値の1か文字列の"1"を指定すると、逆にフラグを書き換える通常動作に戻します。
 この関数はテンプレートで$(NoRootFlagUpdate)命令を使えるように追加した物です。

 返り値には意味はありません。
#n = dllfunc("NoRootFlagUpdate");
#n = dllfunc("NoRootFlagUpdate", 1);
#n = dllfunc("NoRootFlagUpdate", "1");

戻る