NextUnreadCustom, PrevUnreadCustom関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 NextUnreadCustom関数は、秀丸メール側の「全般的な設定・メール一覧・閲覧関係」で「下の未読メール等で、下に未読が無かった場合」のオプションを一時的に変更して「下の未読メール」コマンドを実行します。
 PrevUnreadCustom関数は、同様に、設定を一時的に変更して「上の未読メール」コマンドを実行します。

 実行し終わると設定は元に戻ります。

 「全般的な設定・メール一覧・閲覧関係」の設定によって進行方向が変わってしまうことがあるので、確実に上方向/下方向に移動させたい場合はNextPrevCustom関数を使ってください。
パラメータ1(文字列型)
 オプションを指定します。
"" 何もしない
"Roll" フォルダ内を一周する
"Over" フォルダをまたがる
"Query" 進行方向の問い合わせメッセージを出す
"Super" 未読があればフォルダ内を一周、無ければフォルダをまたがる


返り値(数値型)
 返り値に意味はありません(下の未読メールが無い場合でもエラーになりません)。


#n = dllfunc( "NextUnreadCustom", "");

戻る