NextHideTuru/PrevHideTuru関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 NextHideTuru関数は、秀丸メールのメールエディタと秀丸エディタを同じ扱いとして「次のウィンドウ」を実行します。PrevHideTuruは同じく「前のウィンドウ」を実行します。
 秀丸エディタにアクティブウィンドウが切り替わってもマクロの実行は秀丸メール内で続行されます。

 このコマンドを秀丸エディタおよび秀丸メールの両方から呼び出すことで、秀丸エディタと秀丸メールを同一次元の物であるかのように使えて便利かもしれないです。

 秀丸エディタからtkinfo.dllをロードするためには、tkinfo.dllのインストールされたフォルダを探す必要があります。インストール先のフォルダは、レジストリの
HKEY_CURRENT_USER\Software\Hidemaruo\TuruKame\Config\TuruKameDir
 を参照してください。
返り値(数値型)
 返り値に意味はありません。


例(秀丸メールのメールエディタを含めた「次の秀丸」)
openreg "CURRENTUSER", "Software\\Hidemaruo\\TuruKame\\Config";
$path = getregstr("TuruKameDir") + "tkinfo.dll";
closereg;
loaddll $path;
#n = dllfunc("NextHideTuru");

戻る