NextFolder, PrevFolder関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 NextFolder関数は、「下のフォルダ」コマンドを実行します。このコマンドは現在選択しているフォルダより1つ下のフォルダを選択するコマンドです。PrevFolder関数は「上のフォルダ」を選択します。

 フォルダを選択せずに、上下方向のフォルダの名前だけが知りたい場合には、GetNextFolder/GetPrevFolder関数を使います。
返り値(数値型)
 成功すると1を返します。上または下にこれ以上フォルダがない場合は0を返します。


#n = dllfunc("NextFolder");

戻る