MakeReply関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、現在のメールに対する返信メールを作成します。マクロの実行は返信メール用のエディタ・ウィンドウ上で続行されます。
 普通、返信メールコマンドを実行すると、アカウント毎の設定等で指定されている自動実行マクロがあれば実行されます。しかし、このMakeReply関数の場合、自動実行マクロは実行されません。
 自動実行マクロも実行したい場合には、別途、NewEditorMacro関数を使ってマクロファイル名を取り出し、execmacro文で実行してください。
パラメータ1(文字列型)
 特定のメールについて「返信メール」を実行してエディタが起動した状態で、その特定のメールについて多重に「返信メール」を実行した場合についての動作を、このパラメータ1で指定します。  パラメータ1を省略した場合または""を指定した場合は、多重返信メールを作成しないで既存の返信メールを表に出すような動作となります。
 パラメータ1に"QueryMultiReply"を指定すると、多重返信するかどうかの問い合わせメッセージが出てきます。
 パラメータ1に"ForceMultiReply"を指定すると、問い合わせメッセージを出すことなく多重返信メールを作成します。


返り値(数値型)
 成功すると1、失敗すると0を返します。失敗するケースとしては、以下の例があります。

  • 返信メール用のエディタが既に起動している場合。
  • 秀丸メール本体で実行した場合で、メールが何も選択されてない場合。
  • 現在のメールが書き換え許可で、しかも何か書き換えた形跡がある場合。
  • 返信メールのエディタ起動で何らかの内部エラーが発生した場合。
    (例えばエディタ起動数の制限などのエラー)


#n = dllfunc( "MakeReply" );
$s = dllfuncstr( "NewEditorMacro" );
if( $s != "" ) execmacro $s;

戻る