MakeAttachForward, MakeAttachForwardLog関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 MakeAttachForward関数は、「添付ファイルとして転送」コマンドを実行します。エディタ上で実行する事もできます。
 普通、「添付ファイルとして転送」コマンドを実行すると、アカウント毎の設定等で指定されている自動実行マクロがあれば実行されます。しかし、このMakeAttachForward関数の場合、自動実行マクロは実行されません。
 自動実行マクロも実行したい場合には、別途、NewEditorMacro関数を使ってマクロファイル名を取り出し、execmacro文で実行してください。

 MakeAttachForwardLog関数は、現在選択されてるメールの受信ログを添付ファイルとして転送します。
返り値(数値型)
 成功すると1、失敗すると0を返します。


備考
 普通の「添付ファイルとして転送」コマンドをエディタ上で実行した場合、現在のメールをいったん閉じてから添付ファイル付きの新規メールが作成されます。しかし、MakeAttachForward関数をエディタ上で実行した場合は、現在のメールを閉じることなく、別のウィンドウとして添付ファイル付きのエディタが起動します。元のエディタ・ウィンドウは何らかの方法でうまく閉じてください。
 例えば、
#handle = hidemaruhandle(0);
#n = dllfunc("MakeAttachForward");
closehidemaruforced #handle;
 のようにしてください。


#n = dllfunc( "MakeAttachForward" );
$s = dllfuncstr( "NewEditorMacro" );
if( $s != "" ) execmacro $s;

戻る