MainWnd, MainWnd2関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 MainWnd関数は、秀丸メール本体ウィンドウのウィンドウハンドルを返します。ウィンドウが存在しない時(メールエディタだけ起動している時や常駐秀丸メールのみの場合)は0を返します。

 MainWnd2関数もMainWnd関数と同じく秀丸メール本体ウィンドウのハンドルを返します。MainWnd関数は、秀丸メール本体ウィンドウが画面上に存在しない場合(たとえば常駐秀丸メールのみの状態の時)には0を返しますが、MainWnd2関数は正しいウィンドウハンドルの値を返します。
 たとえば常駐秀丸メール上で実行されるマクロから秀丸メール本体ウィンドウを表示させたい場合は、MainWnd2関数を使ってウィンドウハンドルを取得し、そのウィンドウにWM_SYSCOMMANDでSC_RESTOREをsendmessageする方法があります。
 MainWnd2関数は秀丸メールのVersion 6.31β20から追加されています。
返り値(数値型)
 秀丸メール本体ウィンドウのウィンドウハンドルです。


#main = dllfunc( "MainWnd" );
setactivehidemaru #main;


#main = dllfunc( "MainWnd2" );
if( dllfunc("Bypass_IsWindowVisible",#main) == 0 ) {
	#n = sendmessage( #main, 0x112, 0xF120, 0);	//WM_SYSCOMMAND, SC_RESTORE
}

戻る