MailIndex関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、現在のメール一覧枠の一覧側で、現在選択しているメールの先頭からの位置を返します。スレッド表示の場合はうまく動作しません。
 メールを複数選択している場合には、一覧中のカーソル「四角い枠」の場所を返します。
返り値(数値型)
 選択位置です。先頭が0です。
 何も選択されてない場合やスレッド表示の場合は-1を返します。


#n = dllfunc("MailIndex");

戻る