MailFileName, MailFilePath, MailFileOffset関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 MailFileName関数は、現在表示しているメールの保存されているファイル名を返します。MailFilePath関数は、ファイルのフルパスを返します。

 MailFileOffset関数は、現在のメールがファイル中でどの位置にあるかの情報(ファイル先頭からのバイト数)を返します。ここで返す位置には、「Ctrl-L! 」という形式の秀丸メールのメール区切り記号が入っています。メール本体は1行下からになります。

 これらの関数は秀丸メール本体上でもメールエディタ上でも使えます。
返り値(MailFileName, MailFilePath関数、文字列型)
 ファイル名またはファイルのパス名です。まだ保存されていない場合や何も表示していない場合は""を返します。


返り値(MailFileOffset関数、数値型)
 ファイルのオフセットを返します。まだ保存されていない場合や何も表示していない場合は-1を返します。


message dllfuncstr("MailFileName");
message dllfuncstr("MailFilePath");
message str( dllfunc("MailFileOffset") );

戻る