MailCount関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、現在一覧に表示されているメールの個数を返します。フォルダ中のメール総数を得るにはMailCountAll関数を使います。
 Version 6.10からは、検索結果の一覧上で実行した場合には検索結果に表示してるメール数を返します。
返り値(数値型)
 メールの個数です。


#n = dllfunc("MailCount");

戻る