LeftStr, RightStr, MidStr関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 LeftStr, RightStr, MidStr関数は、文字列の中の指定された部分を取り出して返します。秀丸マクロのleftstr, rightstr, midstr関数と同じです。
 この関数はテンプレートから呼び出して使うように用意した物です。マクロから呼び出して使う必要は無いと思います。
パラメータ1(文字列型)
 部分を取り出したい対象の文字列を指定します。


パラメータ2(数値型)
 LeftStr関数、RightStr関数のパラメータ2は、長さ(バイト数)を指定します。
 MidStr関数のパラメータ2は、取り出したい位置の先頭からの位置(バイト数位置)を指定します。


パラメータ3(数値型, MidStr関数のみ)
 MidStr関数のパラメータ3は、取り出したい長さ(バイト数)を指定します。


返り値(文字列型)
 取り出された部分の文字列です。


$s = dllfuncstr("LeftStr", "あいうえお", 2);
$s = dllfuncstr("RightStr", "あいうえお", 2);
$s = dllfuncstr("MidStr", "あいうえお", 2, 6);

戻る