IsHidemaruMailMain, IsHidemaruMailGrep関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 IsHidemaruMailMain関数は、現在のマクロが秀丸メール本体ウィンドウ上で実行されているのか、そうでないのか(メールエディタ・ウィンドウ上で実行されているのか)を返します。

 IsHidemaruMailGrep関数は、現在のマクロが秀丸メールの検索結果ウィンドウ中のメール内容部分で実行されてるかどうかを返します。検索結果ウィンドウ上で間違って実行されてるかどうかのチェック用に使ってください。

 IsHidemaruMailGrep関数は、リモートメールダイアログボックス中のエディタ内の時も1を返します。

 注意:この関数は、ソフトウェア名称の変更に伴って関数名が変更されています。ただし、昔の関数(IsTuruKameMain関数等)もそのまま使えます。
返り値(数値型)
 IsHidemaruMailMain関数は、秀丸メール本体ウィンドウ上の場合は1、そうでない場合は0を返します。
 IsHidemaruMailGrep関数は、検索結果の一覧上またはリモートメールダイアログボックス中の場合は1、そうでない場合は0を返します。


//(現在のメールの未読/既読切り替えする場合)
if( dllfunc( "IsHidemaruMailMain") ) {
    #n = dllfunc( "SwitchUnread" );
} else {
    #n = dllfunc( "Sync" );
    #current = hidemaruhandle( 0 );
    #n = dllfunc( "SetMainWndTop" );
    #n = dllfunc( "SwitchUnread" );
    setactivehidemaru #current;
}
注:
 IsHidemaruMailMain関数は、秀丸メールV2.32から、検索結果のウィンドウ上である場合は0を返すようになりました。



戻る