HtmlEdit関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 HtmlEdit関数は、HTML編集モードのON/OFF切り替えをします。「HTMLメールエディタ for 秀丸メール」のインストールされた環境で、送信用のメールを編集するエディタ・ウィンドウ上でのみ実行可能です。
パラメータ1(文字列型)
 パラメータ1を省略すると、HTMLメール編集モードをONにします。
 パラメータ1に"off"または"offonly"を指定すると、HTMLメール編集のモードから通常のモードに切り替えますが、その時に、編集したHTMLメールの内容はそのまま(content-type:text/htmlのまま)で、HTMLメールエディタだけを終了させます。
 パラメータ1に"offconvert"を指定すると、HTMLメール編集のモードから通常のモードに切り替えますが、その時に、編集したHTMLメールの内容を普通のテキスト形式に変換し、content-type:ヘッダも「text/plain」に戻します。


返り値(数値型)
 返り値には意味はありません。


補足
 HTMLメール編集アドインで編集するモードになっているかどうかは、IsHtmlMailViewerVisible関数を使えば分かります。


#n = dllfunc("HtmlEdit");

戻る