GetSenderCountry, GetSenderIP関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 GetSenderCountry関数は、現在のメールの発信元の国を調べて、その国の国識別の文字列(2文字の文字列)を返します。発信元の国は、Received:ヘッダに記録されている発信元のIPアドレスから特定されます。
 GetSenderIP関数は、同じく現在のメールから発信元のIPアドレスを調べて、それを「nnn.nnn.nnn.nnn」のようなIPアドレスの文字列として返します。
パラメータ1(文字列型)
 パラメータ1にヘッダの文字列を指定すると、そのヘッダ文字列の中からIPアドレスを取得します。
 パラメータ1を省略すると、現在のメールのヘッダからIPアドレスを取得します。


返り値(文字列型)
 GetSenderCountry関数の返す文字列は国識別の2文字だけの文字列です。国の特定が出来なかった場合は"??"が返ります。
 GetSenderIP関数の返す文字列はIPアドレスの文字列です。
 Received:ヘッダが無かったり、Received:ヘッダからIPアドレスがうまく取得出来なかった場合は""を返します。


おまけ: GetCountryFullName関数
 GetCountryFullName関数は、GetSenderCountry関数で返された国識別の文字列(2文字の英字)から一般的な国名称を返します。
$s = dllfuncstr("GetCountryFullName", dllfuncstr("GetSenderCountry"));
 のように使います。


$s = dllfuncstr("GetSenderIP");
$s = dllfuncstr("GetSenderCountry");
$s = dllfuncstr("GetSenderCountry", dllfuncstr("AllRootHeader"));

戻る