GetMailColor/SetMailColor関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 GetMailColorは、メールのメール一覧上での色を返します。SetMailColorはメールの色を書き換えます。
 この関数は秀丸メール本体上でもメールエディタ上でも実行できます。
パラメータ1(数値型、SetMailColorのみ)
 色を番号で指定します。番号は0〜15まで指定できます。0を指定すると「色なし」、1だと「赤」のようになります。番号と色の対応は、メールのプロパティダイアログボックスでの色の並び順と同じです。


返り値(数値型)
 GetMailColor関数は、メールの色を返します。

 SetMailColor関数は、色の書き換えに成功すると1、失敗すると0を返します。


備考
 複数のメールを選択した状態でSetMailColor関数を呼び出した場合、V5.51以下では点線枠の付いてるメール1通だけしか色が変わりませんでした。V5.52以降からは、選択したメールすべての色が変わります。


例(現在のメールを赤色にする例)
#n = dllfunc("GetMailColor");
if( #n != 1 ) #n = dllfunc("SetMailColor", 1);

戻る