GetFolderMailCount関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、パラメータで指定されたフォルダのメール数を返します。
パラメータ1(文字列型)
 対象のメール用のフォルダを含むアカウント名です。""を指定すると現在選択しているアカウントになります。


パラメータ2(文字列型)
 対象のフォルダ名です。例えば受信フォルダの場合は「受信」です。ユーザーが作成したフォルダの場合は、例えば「受信\テスト」のように指定します。マクロの中で固定の文字列で指定する場合は、"受信\\テスト"のように指定します。
 パラメータ1とパラメータ2の両方に""を指定するか、またはパラメータ1、パラメータ2両方ともを省略すると、現在選択しているフォルダという意味になります。


パラメータ3(文字列型)
 対象フォルダ中のカウントするメールの対象を指定します。以下のパラメータが指定できます。
"all" すべて
"recent" 最近の分
"unread" 未読分
"mark" マークされたメール
"priority1" 優先度:高のメール
"hot" 新着フラグがONになったメール
 パラメータ3を省略した場合は"all"と解釈されます。


返り値(数値型)
 メール数を返します。


#n = dllfunc( "GetFolderMailCount");
#n = dllfunc( "GetFolderMailCount", "", "", "unread");
#n = dllfunc( "GetFolderMailCount", "テストアカウント", "受信\\テスト", "recent");

戻る