GetFolderHotState関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、パラメータで指定されたフォルダが未読フォルダ状態になっているかどうかを返します。「未読フォルダ」というのは、例えば何かメールを受信してフォルダに振り分けられた時に、フォルダ用のアイコンが水色に変わった状態のことを言います。 フォルダを選択して1秒程度放置すると未読フォルダ状態が解除されます。「全般的な設定・フォルダ」の「未読のフォルダを水色表示する」がONになっている場合にのみ発生します。
パラメータ1(文字列型)
 対象のメール用のフォルダを含むアカウント名です。""を指定すると現在選択しているアカウントになります。


パラメータ2(文字列型)
 対象のフォルダ名です。例えば受信フォルダの場合は「受信」です。ユーザーが作成したフォルダの場合は、例えば「受信\テスト」のように指定します。マクロの中で固定の文字列で指定する場合は、"受信\\テスト"のように指定します。
 パラメータ1とパラメータ2の両方に""を指定するか、またはパラメータ1、パラメータ2両方ともを省略すると、現在選択しているフォルダという意味になります。


返り値(数値型)
 未読フォルダになっている場合は1、そうでない場合は0を返します。


#n = dllfunc( "GetFolderHotState");
#n = dllfunc( "GetFolderHotState", "", "受信");
#n = dllfunc( "GetFolderHotState", "テストアカウント", "受信\\テスト");

戻る