GetEncodedSize関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 GetEncodedSize関数は、現在のメールをエンコードした場合のサイズを返します。送信用のメールを作成している状態で、そのメールが送信した場合に何バイトになるのか知る必要がある場合に使います。

 この関数は秀丸メール本体上や受信メールの場合でも使えますが、たとえば受信したメールについてGetEncodedSizeを求めても、それが実際に送られてきたメールのサイズと一致するとは限りません(だいたい同じサイズになる可能性は高いですが)。
返り値(数値型)
 メールのサイズを返します。内部的に一度エンコードして計算した値を返します。
 サイズの計算に失敗した場合には0を返します。(エラーの内容は知ることができません)


#n = dllfunc("GetEncodedSize");

戻る