FormatDate関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 FormatDate関数は、メール中の「Date:」ヘッダに入っている日付文字列を、CurrentDate関数と同じようなフォーマットを使った文字列形式に変換します。
パラメータ1(文字列型)
 変換したい日付文字列です。一般には返信メールや転送メールでの元メールの日付を指定することがほとんどだと思います。例えばテンプレートの場合なら、$(RootHeader,Date)を指定します。


パラメータ2(文字列型)
 日時の形式を指定する文字列を指定します。CurrentDate関数での形式と同じなので、詳しくはそちらを参照ください。

■オリジナル時刻で計算させるオプション
 日時形式文字列の先頭に、"o"を挿入すると、FormatDate関数はタイムゾーン関係の処理を一切省略します。例えば外国から受け取ったメールを、その外国の時刻そのままでフォーマット処理させたい場合には、"o"を指定してください。


返り値(文字列型)
 変換された日時文字列です。


補足:秀丸エディタから呼び出して使う件について
 この関数やCurrentDate関数ShiftDate関数関数は、秀丸エディタのマクロからtkinfo.dllをロードして呼び出しても使えますが、使えるのは秀丸メールV6.10β27以上からになります。秀丸メールのバージョンが古いとうまく動きません。


$s = dllfuncstr("FormatDate", dllfuncstr("RootHeader", "Date"), "YYYY/MM/DD");
$s = dllfuncstr("FormatDate", dllfuncstr("RootHeader", "Date"), "oYYYY/MM/DD hh:mm");

戻る