FindBook, FindBook2, FindBook3, FindBookNote, FindBookNote2〜FindBookNote8, FindBookDate, FindBookGroup, FindBookGroupPath関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 FindBook関数は、パラメータで渡された電子メールアドレス(以下、"Email"と表記)をアドレス帳から検索し、見つかった場合は名前を返します。見つからない場合は""を返します。

 FindBook2関数は、パラメータで渡された名前+Emailの中からEmail部分を取り出し、そのEmailをアドレス帳から検索し、見つかった場合はその名前を返し、見つからなかった場合はパラメータで渡された文字列中の名前部分を返します。

 FindBook3関数は、パラメータで渡された名前+Emailの中からEmail部分を取り出し、そのEmailをアドレス帳から検索し、見つかった場合はその名前+Emailを返し、見つからなかった場合はパラメータで渡された名前+Emailを返します。

 FindBookNoteFindBookNote8は、アドレス帳に登録されている備考〜備考8の内容を返します。アドレス帳に登録されてない場合は""を返します。同様に、FindBookDate関数は、登録日を返します。

 FindBookGroupは、アドレス帳に登録されているその人のグループ名を返します。アドレス帳の直下の場合は"アドレス帳"という文字列を返します。

 FindBookGroupPathは、アドレス帳に登録されているグループのパス名、つまり、グループの階層全体を返します。各グループ名の前には「\」の記号が付きます。先頭のグループ名は、"アドレス帳"か、またはLDAPサーバーの名前となります。
 たとえば、"ABC"というグループ配下の"XYZ"というグループである場合、
\アドレス帳\ABC\XYZ
 という文字列を返します。

 これらの関数すべて、パラメータにはEmailのみでも名前+Emailでもどちらでも受け付けます。

 アドレス帳に同じEmailが複数登録されている場合は一番先頭に登録されているメンバーのみが対象となります。
パラメータ1(文字列型)
 検索したいEmailを含む文字列です。Emailのみでも、名前+Emailでもかまいません。名前+Emailを指定する場合は、例えば
斉藤秀夫 <PEH00775@nifty.com>
PEH00775@nifty.com (斉藤秀夫)
 のような正しい形式で指定されている必要があります。また、コンマを使って複数のEmailを指定した場合は先頭の1つだけが有効となります。


返り値(文字列型)
 最初の説明を参照ください。


$s = dllfuncstr( "FindBook", "あああ <aaa@aaa.com>");
$s = dllfuncstr( "FindBook2", "あああ <aaa@aaa.com>");
$s = dllfuncstr( "FindBook3", "あああ <aaa@aaa.com>");
$s = dllfuncstr( "FindBookNote", "あああ <aaa@aaa.com>");
$s = dllfuncstr( "FindBookNote2", "あああ <aaa@aaa.com>");
$s = dllfuncstr( "FindBookNote3", "あああ <aaa@aaa.com>");
$s = dllfuncstr( "FindBookGroup", "あああ <aaa@aaa.com>");
$s = dllfuncstr( "FindBookGroupPath", "あああ <aaa@aaa.com>");

戻る