ExtractBookGroup関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 ExtractBookGroup関数は、アドレス帳・グループを含む宛先を、実際のアドレス帳・グループのメンバーに変換します。例えば、Group(/aaa)という文字列を、アドレス帳の「aaa」グループのメンバーのメールアドレス一覧に変換します。
パラメータ1(文字列型)
 Group(...)を含む/含まないにかかわらず、秀丸メールでの宛先文字列を指定します。


パラメータ2(数値型)
 アドレス帳・グループの変換に失敗した場合の挙動を指定します。

 ここに0を指定すると、アドレス帳・グループの変換に失敗した場合は変換しないままの文字列(パラメータ1そのまま)を返します。

 ここに1を指定すると、アドレス帳・グループの変換に失敗した場合は""を返します。

 パラメータ2は省略してもかまいません。省略した場合、0が指定された扱いとなります。


返り値(文字列型)
 パラメータ1で指定された宛先文字列中にアドレス帳・グループの指定があれば、その部分を実際のメンバー一覧に変換して返します。アドレス帳・グループと関係ない部分はそのまま返します。

 メンバーのメールアドレスの入り方は、アドレス帳の設定での「To/Cc/Bcc欄への入力方法」の設定に従います。


$to = dllfuncstr("CurrentHeader", "To");
$to = dllfuncstr("ExtractBookGroup", $to);
#n = dllfunc("SetHeader", "To", $to);

戻る