EnableEdit関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、送信済みメールや受信メールをエディタ・ウィンドウで開いている時に、「編集を許可」します。
 エディタ・ウィンドウ上で、編集が禁止された状態になっている時にのみ有効な関数です。
 編集できる状態かどうかは、秀丸マクロのreadonlyキーワードを使えば分かります。

 編集許可したメールを保存するには、秀丸マクロのsave文を使います。
返り値(数値型)
 成功した場合は1、そうでない場合は0を返します(普通、失敗しませんが)。


#n = dllfunc( "EnableEdit" );

戻る