DisableThreadTreeOperation関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、スレッド表示で現在選択しているメール配下に何かメールがある状況での、ツリー単位での操作を一切禁止します。
 例えばスレッド表示で何か配下のメールがあるとすると、普通は、Delete関数、Move関数、Copy関数等で、「配下のメールもまとめて…しますか?」のような問い合わせメッセージが出たりします。ところがDisableThreadTreeOperation関数を一回呼び出すと、そのマクロが終了するまでの間は、問い合わせメッセージが出なくなり、ツリー単位での操作は一切されなくなります。
返り値(数値型)
 返り値には意味はありません。


#n = dllfunc("DisableThreadTreeOperation");
#n = dllfunc( "Move", "", "ゴミ箱" );

戻る