Delete関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、現在選択しているメール(複数の場合は複数)を完全に削除します。この関数は秀丸メール本体ウィンドウ上でしか実行できません。
 通常の削除(ゴミ箱フォルダへの移動)がしたい場合には、Move関数を使ってください。
パラメータ1(数値型)
 0を指定すると、普通に削除しようとします。この場合、「選択されたメールを削除してもいいですか?」の問い合わせメッセージが出ます。
 1を指定すると、「選択されたメールを削除してもいいですか?」のメッセージを出すことなく即刻削除します。
 2を指定すると、「選択されたメールを削除してもいいですか?」のメッセージを出すことなく、さらに、対応する受信ログ/送信ログもいっしょに即刻削除します。
 スレッド表示の時に、配下のメールをいっしょに削除するかどうかの問い合わせメッセージを出さなくするには、DisableThreadTreeOperation関数を使ってください。


返り値(数値型)
 成功した場合は1、失敗した場合またはキャンセルされた場合は0を返します。


#n = dllfunc( "Delete", 0 );

戻る